ONE PIECE考察ブログ

このサイトはギネス世界記録にて世界一の認定がされた漫画家である尾田栄一郎さんの作品「ONE PIECE」を考察するブログです。

今後もいろいろな意味で抜かれる事のない日本一の漫画だと思うわけですが、信念が込められていてその想いを波動によって感じ取り涙を流した人もいると思います。

私にとってワンピースは大好きな作品です。

そんなワンピースの作品について覚醒者の視点をもって深く考察し日本の覚醒から世界の覚醒を実現するためのブログです。

ワンピースの設定や元ネタなどの気になる考察記事を見つけたい時はブログの目次ページから探してみてください。

ちなみにラフテルへの行き方やDの意思の謎も考察での予想レベルですがしっかりとネタバレします。

⇒ ONE PIECE考察ブログの目次

この考察ブログを作っている目的は北朝鮮の拉致問題を解決するために私が考えたIプランとIプロジェクトに人を集めて協力者を募るきっかけの窓口として作成しています。

元々はハンターハンターの作品の力を借りていたのですが、ワンピースの作品の力も借りようというか、必要になったので借りる事にしました。

結果が全てといえる私の夢に関して結果につながる事をしていきます。

心ある人は集って協力して欲しい。

年齢や職業や性別などは一切関係ありません。日本の心を信じて。

IプランとIプロジェクト

IプランとIプロジェクトはワンピースと同じ週刊少年ジャンプに連載されているハンターハンターという作品の力を借りて非人道的な北朝鮮の拉致問題を解決するために私が作ったプランとプロジェクトです。

この問題を解決した後にワンピースの作品の力を借りて世界平和を実現するためのJプランとJプロジェクトを立ち上げる予定でした。

ただ運命は同時に取り組むような状況に動きました。

ハンターハンターだけなく、行き着く先は同じであり関連もしているワンピースの作品の力も借りて北朝鮮の拉致問題を解決するためにIプランとIプロジェクトを進めていきます。

協力者やスポンサー募集、アイデアの募集などは別途「IPIP通信」というブログを参照してください。

⇒ IPIP通信

スポンサーリンク

JプランとJプロジェクト

アメリカでトランプ大統領の政権が出来上がった事によって世界は激変しつつあります。私はその真意を知ったのはかなり時間が経過してからでした。

アメリカはNSAが中心となり、「Q」と「QAnon」がその原動力となりました。世界にとっては良い方向に動きつつあるトランプ大統領の政権ですが、日本に対してはどういった対応をするかは不明です。

動画に字幕が出ない場合は字幕のボタン(アイコン)を押すと表示されます。

かつて日本と同様に支配され操られていたアメリカだったわけですが、そのアメリカのポチだった日本をトランプ大統領がどう扱ってくるかは未知数で、継続してポチとして扱ってくる可能性もあります。

この動画には掲載されていないポチとして様々な事をしてきた日本政府の面々はアメリカや韓国と違い、未だ逮捕される気配も見せずのうのうと生きています。

今も効かない抗がん剤ビジネスで日本人の命と財産を奪い続けています。

医療利権だけでなく食べ物や飲み物を汚染し、発がん性のある除草剤などを流通させ、手下の外国人に生活保護費をばらまいてのさばらせ、売国法を作り続けて本物の日本人が苦しむような仕組みを見事に作り上げたわけです。

もちろん裏で仕組んで操っているのは明治維新で田布施システムを仕掛けた黒幕です。

今日本で命を懸けて目に見えて日本と世界のために動いてくれているのはベンジャミン・フルフォード(古歩道ベンジャミン)さんを含めた一部の人達です。

ただ私はIプランIプロジェクトではベンジャミン・フルフォードさんに対する抵抗勢力を作る立場にいます。

多くの命を懸けてくれた本物の日本人が命を奪われていきました。私は本物の日本人の意志を継ぎ、自分の役割を見つけて使命を全うできるように行動していきます。

奇しくもワンピースが世界一の漫画となりこのタイミングにおいてワノ国編に突入したのはおそらく運命なのでしょう。

「ワノ国を解放せよ!」

Dの意思を受け継ぎYAP遺伝子を覚醒させて田布施システムを打ち破る必要があります。

JプランとJプロジェクトは日本の覚醒を果たした後に世界の覚醒を果たし、ワンピースの作品の力を借りて世界平和を実現するというものでしたが、世界から見ると日本が足を引っ張っているような状況です。

ワンピースの作品の最終回で描かれる内容を現実が追い越すチャンスが生まれたのです。

このチャンスを必ず掴み取る必要があるのです。